愛宕山開発跡地の見守りの集いに参加

0


    平成28年2月21日(日)早朝6時45分より8時まで平生町の国道188号線の交差点で「上関原発いらない!」と書いたのぼりを持って辻立ちを行い8年目となる2、500回目を済ませて、岩国市の愛宕山で毎月1日、11日、21日の10時より開催の「愛宕山開発跡地の見守りの集い」主催、愛宕山を守る会に参加しました。
    岩国市をはじめ周辺の地域住民の安心、安全のために「岩国基地拡大阻止」のために長い間取組んでこられました皆さんに感謝の思いでいっぱいでした。
    山口県の東部には、極東最大の岩国基地へ、上関町には世界最大級の原子力発電所建設へと変貌しようとしています。
    最も大切に守られなくてはならない「自然環境」が疎かにされ「経済」が最優先にされ世界が動いているように思えてなりません。
    世界で唯一の被爆国として安倍首相を先頭に広島、長崎市長と共に世界へ発信すべきことがあるはずです。
    戦後70年以上平和が続いた日本で私たちは平和憲法を誇りに思ってきました。
    世界が混迷している今、日本の想いを「世界平和」のために、国民の姿勢が問われているときはありません。
    人間が生きること「未来のこどもたちのために」誰が本気で考えているのか「美しい地球」恵まれた自然環境、かけがいのない生命といとなみを守るのは誰か、それは私たち大人の責任です。

     

    コメント
    私の古里は、岩国市由宇町。基地戦闘機の爆音のすさまじさを身をもって体験。「自民」支配の岩国市。そして上関町。この「自民」をどうにか縮小したい。いやしなければなりません。
    • 山本英二
    • 2016/02/24 7:37 AM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM