上関町へ「風力発電」建設

0

    上関町戸津港より風力発電建設予定地の上盛山(314m)を望む。

    風力発電建設予定地の上盛山頂上付近から戸津の民家まで800mです。

    小学校まで1.4キロと言われています。

     

    原発建設で揺れる上関町へ日本最大級の2100kw級の風力発電が2基建設されます。

    風力発電は、次世代の自然エネルギーとして期待されています。

    しかし、経済性を重視するあまりに生活や環境を軽視する傾向が全国で問題になっています。

    風力発電の欠点は、発電の羽音、低周波、野鳥、自然界の生物に対しての影響が懸念されています。

    上関町の隣町平生町には、1500kw7基が現在動いています。

    風力発電より約3キロ辺りまで音が聞え影響があると聞いています。

    周辺の皆さんは、殆どの方は風力発電が建設されて良かったとは思っていません。

    周辺の声は、「このあたりでは、小鳥や小川のせせらぎを聴き静かでよい処でした。しかし今では、風力の音で情緒もなくなってしまった。」とさびしそうにお話しされました。

    上関の風力発電は、民家より3・0K以内に生活環境が集中しています。

    建設にあたり町民に対してもっと丁寧な説明をすべきです。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM